フェンバーガーハウスは美術館でありながら館長の研究センターでもあります。

オープンしている時期には合宿、ワークショップやトークがあります。

研究テーマは大きくこのような領域です:

 

アートと変性意識状態の関係

サイケデリック文化

神秘主義

アートとヒーリング

実験的な共同体

など。

 

館長の博士研究は抽象絵画と宗教の関係についてでした。特にアメリカの画家マークトビーと善の関係を論文として発表しました。研究中に禅寺に二回修行に入り、数週間の経験をします。その後は主に制度的宗教いがいの変性意識状態とアートについて研究を重ねてきました。博士論文の先生は1972年の「アウトサイダーアート」の著者であるロジャーカーヂナルでした。

 

 

Fenberger House is also a small research center, hosting weekend courses, talks and workshops during opening months. The major areas of research reflect the interests and studies of the Director, and cover these areas:

 

Art and altered states of consciousness

Psychedelic culture and experience

Mysticism

Art and Healing

Experimental collective living and politics

among others.

 

The Director's doctoral research looked into the connections between abstract modern painting and spiritual practices, particularly the work of the American artist Mark Tobey and his interests in Zen. During this research the Director spent several weeks over two visits in a Zen monastery in Japan. Research after completing the PhD focuses mainly on states of altered consciousness and art outside institutional religious contexts. His PhD tutor was Professor Roger Cardinal, author of [Outsider Art], 1972.