Fenberger House Museum Manifesto

 

1. Museums are tools to be used wisely.

2. The tools we use includes: art works, music, dance, food, community gathering, space-making and learning.

3. The principle aim of the museum is to encourage and support altered states of consciousness. This is defined broadly to encompass all spectra of human becoming.

4. The museum's role is to nurture and care for this activity and ensure safe return to society.

5. In order to fulfill this mission the museum places great importance on setting and mood via exhibitions, music, food, light, smell and other aspects.

6. The museum is a place of infinite difference and infinite sameness. With love and attention the museum is a space for experiment.

7. The museum aspires to act with right intention, to uphold social justice, ecological vision and a holistic view of life.

8. As such the museum is free, with minimal charging to maintain basic services and activities.

 

a. Right Distance (inside, outside, flight etc)

b. Ninjutsu (forest-lore, healing, concealment, wit)

c. Deep Time (looking, listening, sitting etc)

d. Epiphany (both solemn and comedic)

e. All Things Considered Together (the farmer, artist, doctor etc)

 

Roger McDonald

Director

 

Fenberger House was opened in November 2013.

フェンバーガーハウス美術館マニフェスト

 

1 美術館は賢く使う道具である。
2 ここで使う道具は:アート作品、音楽、踊り、食、コミュニティーの集まり、場所づくりや学び。
3 美術館の一番の役割は変性意識状態を奨励し、育てることである。変性意識状態はあらゆる人間の生成状態を指す。
4 美術館の役割はこの行為を優しく育て、社会へ無事に戻すことである。
5 このような行為を実現するため、美術館では場所づくり、ムード、展覧会、音楽、食、光、とその他を大事にする。
6 美術館は同時に無限の違いと無限の単一が存在できる場所です。愛と集中力で実験を行う場所である。
7 美術館は社会的正義、エコロジーのビジョンとホリスティックな生活の考え方を軸に置く。
8 このような考え方を持って、できるだけ美術館は無料を目指す。

a. ちょうどいい距離感(インサイド、アウトサイド、飛ぶなど)
b. 忍術(森伝承、ヒーリング、陰徳術)
c. 深い時間(見る、聞く、座るなど)
d. 閃き、エピファニー(荘厳と喜劇両方)
e. すべてのものを総合的に取る(農家、アーティスト、医者など)

館長  ロジャー マクドナルド

 

ハウスは2013年11月にオープンしました。