Three Galleries

The museum exhibition spans three spaces: in the large room are many examples of older religious art, including shamanic expressions. The Tatami Room shows a display of modern and contemporary art. The second floor shows displays related to psychedelic culture. The museum is arranged in a way so that viewers can use the art works on display to aid in meditation or deep contemplation if they wish. Specially selected records which also encourage altered states of consciousness are played throughout opening hours.

美術館は3つの展示室で構成されています。いちばん大きな部屋は、古い時代の宗教芸術やシャーマニズムに関する展示。和室にはモダンアートや現代アートが展示されています。2階にはサイケデリックアートや文化に関するものを展示しています。鑑賞者のみなさんが、さまざまな展示物を実際に使って瞑想できるようにしつらえています。館内では、変性意識をうながす音楽もおたのしみください。

 

OVER 140 ITEMS INCLUDING:
ART WORKS, REPRODUCTIONS, BOOKS, SPACE MUSIC, SHRINE.
JB BLUNK, CHRYSANNE STATHACOS, PETER MCDONALD, GOSHKA MACUGA, EMMA KUNZ, ROGER ACKLING, DAVID HOCKNEY, HANS ANDERSSON, MASARU KAWAI, FRANCIS UPRITCHARD, FUMITO URABE, ALEX GREY, MITSUO YUMOTO, YOSHIHIRO WATANABE, ETC.

DISPLAYS CONCERNING: MARK TOBEY & MORRIS GRAVES, CARL JUNG, CUBISM, CHINESE AND INDIAN PAINTING, DEATH CULTS AND APOCALYPSE, 'WEIRD PSYCHEDELIC ART', DAVID MANCUSO & THE LOFT, EXCERPTS FROM 'PSYCHEDELIC SOCIALISM' BY JEREMY GILBERT, 'WALL OF PSYCHEDELIC PIONEERS', COSMIC JAZZ ETC.

140点以上:
作品、複製、本、宇宙音楽、神殿。
JBブランク、クリサン スタカソス、ピーター・マクドナルド、ゴシュカ・マクガ、エンマ・クンツ、ロジャー・アックリング、デヴィッド・ホックニー、湯元 光男, 渡邊義紘 など。 

展示コーナー:マーク・トビーとモリス・グレーブズ、カール・ユング、キュビズム、古典中国とインド絵画、黙示録と市のカルト集団、’不気味なサイケデリックアート’、デビッド・マンキューゾとロフト、ジェレミーギルバートの’サイケデリック社会主義からの引用、サイケデリック文化の先駆者達の壁、コズミックジャズ、など。

 

Introduction

The Museum of Cosmic Consciousness firstly acknowledges that human beings have experienced intense altered states of consciousness for many thousands of years. It is an integral part of what it means to be human. In 1901 Richard Maurice Bucke, an American psychologist, wrote a book titled ‘Cosmic Consciousness’. This was one of the first attempts to gather these intense experiences together from many different cultures and times. The book includes accounts from religious saints and mystics, but also includes artists and ordinary people. He called these experiences ‘Cosmic Consciousness’, pointing to the trans-personal nature of the experiences that seemed to expand a narrow view of self as ego and re-connect human beings to wider, complex fields of relation. This museum is a very humble attempt to gather visual artifacts that point to Cosmic Consciousness, which people have made through time. One of the guiding narratives in this museum is the tension between experiences of cosmic consciousness as intense personal journeys of seeking and our necessity for the collective (including traditional religious communities like monasteries or the sangha, secular communities like the art world or new collective arrangements like experimental communities). Carl Jung’s idea of the Collective Unconscious provides one important psychological framework to begin to understand this.
 
Roger McDonald, Director


人間は、何千年も前から強烈な変性意識体験をしてきました。それは、人間であることの根本的な要素でもあリます。
1901年、アメリカの心理学者であるリチャード・モーリス・バックは、『宇宙意識』という本を出版しました。これは、あらゆる文化や時代を横断し、変性意識体験をまとめた初めての試みであり、この中には、宗教者や神秘主義者だけでなく、アーティストや一般の人々の体験談も記されていました。バックは、こうした人々の体験を“宇宙意識”と呼び、その体験が個人の狭い視野を押し広げ、個の存在がより広く複雑な宇宙の領域とつながっていることを示すものとして描きました。
宇宙意識美術館とは、人々が長い歴史の中で、そのような体験から表象してきたアート作品やオブジェを集めて展示するささやかな試みです。個人の強烈な宇宙意識体験と共同体とは、表裏一体の関係性にあるという視点から構成しており、カール・ユングの集合的無意識の概念は、このことを理解するための道しるべとなってくれるかもしれません。


館長 ロジャー・マクドナルド

A Few things displayed in the museum in no particular order: